ニキビはどうしてできる?原因を知って対策しよう!

ニキビというのは思春期だけに出来るものとは限りません。若い時期のものと甘く考えていると、化膿したニキビが角質化して毛穴が開いてしまい、ぼつぼつや黒ずみなどの原因となってしまいます。また成人になってからも同じように吹き出物が出ることがあり、この場合には思春期よりも肌の回復力が衰えていることもあって、一旦発症してしまうとなかなか回復しないばかりか、様々な肌トラブルを引き起こしてしまうことがありますので要注意です。

 

ニキビの原因というのは、アクネ菌という最近が異常繁殖したことによるものです。この菌は常時顔に存在していますが、通常の水分や油分のバランスが取れている肌の時にはそれほど大きな影響はありません。しかし、思春期のホルモン分泌が過剰な時期やストレス、タバコなどによる肌バランスの乱れにより、皮脂の分泌が活発になってくると、その皮脂を栄養素としてアクネ菌が以上に繁殖してしまうのです。

 

これにより、肌のあちこちに炎症が生じ、吹き出物となって膿ができたりします。また、それを潰したりするとさらに雑菌に感染して炎症が酷くなったり化膿してしまい、ダメージが大きくなります。症状を改善させるためには、皮脂の分泌を抑えることと常に肌を清潔に保つことが最も重要です。大人になってからは食生活や生活のリズムを整えて、保湿効果の高いニキビ化粧水や殺菌、収れん作用のあるスキンケア商品を使うのがおすすめです。また、こまめに洗顔して清潔に保ちます。

 

保湿効果が高く、毛穴に保湿成分を浸透させてニキビを予防してくれるニキビ化粧水はこちらでご紹介しています。
ニキビ予防には保湿力が高いニキビ化粧水を!ニキビ化粧水人気ランキング

 

ニキビは原因別に対策を立てる

ニキビの原因は一つではありません。内臓機能の障害やストレス、ホルモンバランスの乱れ、食生活等の色々な要因が考えられます。

 

おでこにニキビができた時には、内臓の不調を疑わなければなりません。胃腸に優しい食べ物を摂るようにして食事時間にも気を付ければ自然に改善するケースも多々あります。また、内臓に不調が見られない時はシャンプーやリンスや整髪料が長時間付着した状態になっていないかを確かめる必要があります。衛生的に保つことが重要ですので、髪が顔にかからないようにしたり洗髪時によくすすぐ等の注意が必要です。

 

皮脂の詰まりが原因の可能性が高いのは、鼻のニキビです。皮脂分泌量が増えたりターンオーバーが正常に働いていないと、皮脂や老廃物が長時間留まることになります。その結果菌が増殖してニキビになります。対処法としては、洗顔をしっかりと行ったりファンデーションを薄めに塗る等が有効です。鼻を頻繁に触る人は、手の脂がつくことでも起こる可能性があります。

 

口周りにできるニキビでまず疑われるのは暴飲暴食です。食べ過ぎは胃腸のバランスを崩すことにもつながり、肌状態を悪化させます。栄養バランスの偏りによっても表れる部分ですので、食事内容を一度見直してみる必要があります。

 

どの部位にできるニキビにも言えることですが、皮膚を清潔に保つことは非常に重要です。洗顔はもちろんですが、寝具が汚れていないかタオルはこまめに取り替えているかをチェックすることも大切です。ニキビができてしまったら、ビタミンB群を積極的に摂取すると良くなります。