ニキビ跡の原因と改善する為の方法

生活習慣やストレスでのニキビ痕

 

紫外線やストレスやホルモンバランスによる乱れから睡眠不足と、お肌バリアの機能低下を起こしてしまい、ニキビ痕の原因を挙げるときりがありません。ニキビ跡は生活のダラしなさやケア不足などの見られ方をされてしまいますが、決してそうではありません。ニキビ跡のデコボコや赤みの悩みは日頃頑張っているからこそ悩まされてしまうものです。お肌の水分不足からバリア機能の低下が起こり、角質層がお肌を厚くしてしまい、そうしてできた余分な角質が毛穴を塞いで、アクネ菌の原因になってしまいます。

 

ニキビ跡の対策

 

ニキビ跡は、お肌にできた炎症、デコボコなどがあり、ケアするには個人差があります。治療、手術などでも半年は掛かり、状況によっては完全に消えるまで数年以上掛かることも、ですが正しいケアをして、確実に消す為の治療や改善で治すことも可能です。ニキビ跡での赤みの原因には炎症があり、化膿するメカニズムと赤みを消す改善が必要です。デコボコは傷が原因となりクレーター跡の予防が必要です。ニキビ跡は自宅でできる、スキンケアを理解してニキビ跡を改善できます。

 

お肌機能を回復して、ニキビ跡を繰り返さない

 

ニキビを繰り返さないことで、お肌を綺麗にすることが大事です。しっかりと保湿をすることと、お肌の負担を軽減して、既にできてしまったニキビ跡を消す為には、赤みやデコボコ、それぞれの原因を知って、そしてそれに合ったケアを適切に行い予防することが大事です。