生理前のニキビは仕方ない?

生理前になるとニキビができるという女性は少なくありません。それには理由があったのです。

 

成人女性には生理周期があります。月経期、卵胞期、排卵、黄体期、そしてまた月経期というサイクルです。生理前とはこのうちの黄体期にあたります。黄体期はプロゲステロンというホルモンの分泌が活発になる時期です。美のホルモンとも言われるエストロゲンと反対に、プロゲステロンは女性にとってはあまり嬉しくない作用をするのです。その一つが皮脂の分泌を促す作用です。

 

ニキビの原因の一つが皮脂の過剰分泌です。過剰な皮脂が毛穴に詰まって、アクネ菌が増殖、炎症を起こしたものがニキビです。生理前にはプロゲステロンというホルモンの分泌が増えるため、皮脂が過剰に分泌され、皮膚がオイリーになりニキビができやすい環境になるのです。

 

それに、生理前には、精神が不安定になったり、食欲が増進したりと、ただでさえニキビができやすい状況です。さらに皮脂の分泌が過剰になるわけなので、ニキビができやすくなってしまいます。それなら生理前はどうしようもないのかというとそうでもありません。対策はあります。

 

まずは、きちんとしたスキンケアです。洗顔で余分な皮脂をしっかり落とし、その後は保湿です。この保湿は重要です。皮脂を落としたままだと肌が乾燥していると勘違いして、余計に皮脂の分泌を促してしまいます。それに、食生活にも注意です。どうしても甘いものや脂っこいものが食べたくなる時期ですが、我慢です。和食中心のヘルシーな食事をとりましょう。それに、良質な睡眠も重要です。肌のゴールデンタイムと言われる午後10時から午前2時までの間だけでもしっかりと眠っておきましょう。